子供の発達を祝い、そして今後の健やかな発達を願を掛ける行事には七五三だけでなく、関西を中心につづいている十三参りが有る。
知恵詣、知恵もらい、とも云われる。
また、十三詣りとも記述する。
十三参りとは、毎年数え年13歳になった男女が成人になった儀礼として参拝し、厄難を払い、福徳・知恵・音声が授かるよう虚空蔵(こくうぞう)に祈願する。

京都西山・名勝嵐山の中腹にある「嵯峨の虚空蔵さん」と呼称される法輪寺が十三参りの寺として超有名で、参拝して本尊の虚空蔵菩薩に祈願する。
この法輪寺で十三参りが開始したと云われている。
十三参りは4月13日(旧暦3月13日)に実行されるものだったが、現状は秋にも実行されている。
法輪寺では、毎年4月13日を中心として3月13日から5月13日に実行されているが、10月から11月にも十三参りの期間を設けている。
中学校入学前に知恵を授かる為に参拝するのが一般的である。
嵐山に架かる渡月橋を渡り法輪寺に参拝し、筆で好きな漢字を1字書き、それを奉納する。
参拝後は、戴いた知恵がなくならないよう、渡月橋を渡る時に後ろを振り向かないと云う習慣が有る。
振り向くと戴いた知恵を返してしまう事に成るのである。
「高樋(たかひこ)の虚空蔵さん」と呼称される奈良市の弘仁寺(こうにんじ)、福島県柳津の円蔵寺、茨城県村松の日光寺、大阪市天王寺区の太平寺等、現状では各地で十三参りが実行されている。

虚空は大空(宇宙)の事である。
大空には、日・星・月や生物、植物等森羅万象のものが在り、それを宝蔵になぞらえ虚空蔵と云う。
法輪寺・福島県柳津の円蔵寺・伊勢の朝熊山(あさまやま)の金剛證寺は日本三大虚空蔵と呼称されている。

こういった具合に、十三参りは七五三のように各地で子供の発達を願を掛ける行事として実行されているのである。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ