マタニティマークと云う物を気付いているだろうか。

・妊婦さんが交通機関等を活用する時に身につけて、まわりの人達が妊婦さんへの配慮を示しやすくする。

・交通機関や職場、飲食店、これ以外の公共機関等が、その取組みや呼びかけ文をポスター等にして掲示して、妊婦さんに優しい環境つくりを推進する。

と云った目的の為に、厚生労働省が昨年定めた物である。

首都圏では、鉄道会社各社がチェーンの付いたマタニティマークを駅にて無料で配布している事もあって、街で活用者を見掛ける事も少なくないのじゃないだろうか。

では、このマタニティマークにはどの位の効果があるのだろうか。

無料での配布が開始した昨年の8月に妊娠初期であった私は速やかにマタニティマークを貰い、其れから半年間常にカバンにつけて電車で通勤していた。

そのときの体験から云って、効果はあまり大幅にない、と云うのが本当の所である。


私のケースの場合行きは、始発電車を活用していたので座って通勤していた。

であるため、配慮を示して頂たかったのは、帰宅時のラッシュの満員電車である。

一日仕事をした後で途方もなく疲労を実感していて、しかも、家に帰ったらすぐに食事の用意もなければならないだろうから、出きる事なら座りたい、と云うのが切実な願いものであるためである。

しかし、夕方の6時台の電車は、途方もなく混雑していて、まず座席の前までなかなかどうして辿り着けない。

たとえ座席の前に立つ事が出きたとしても、この時間に座ってる人達は皆、グッスリと就寝しているか、本を集中して詠んでいたり、新聞を詠んだりしているかで、自身の目の前に立ってる人を観ると云う事をまずしない。

であるから、せっかくのマタニティマークも目にはとまらない。

このマークを目にしたり、私のお腹を観たりして、席を譲って戴いたと云う様な事は、週に1回位だった。



カテゴリ
タグ