マタニティに必要なのは効率良く体に吸収させる食べ方が大事である。

カルシウムを取る為には牛乳、と云われているのは含有量が少なくないのは勿論であるためであるが、体内への吸収率が途方もなく良いからである。

乳・乳製品は吸収率が40~80%あるのであるが、小魚や大豆製品、乾物等は吸収率が20~40%と約半分に成るそうである。

吸収率が良くない大豆製品や小魚、乾物、青菜等も、良質な蛋白(蛋白(たんぱく))質を包括する魚や肉と一緒に口にすると吸収率がアップするそうである。


ドクターからのアドバイス
マタニティに成ると同時に赤ちゃんの骨は作られはじめるが、胎盤が完成し赤ちゃんがどんどん大幅に成るとカルシウムが沢山必要に成る。

カルシウムをとると同時に、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを包括する食品をとり、軽い運動を毎日続けよう。

インスタント食品や加工品にはリンがおおく、カルシウムの吸収をさまたげてしまうので、出きるだけ控えるだろう。


食事だけでなく生活のリズムも大事であるためである。

便秘は妊娠による体の変化だけではなくて、生活のスタイルにも影響されてく。

睡眠時間や食事の時間が不規則だと便秘になりやすい様である。

また、睡眠時間が短いと腸が充分に活動する事が出来ず、便が出きない。

睡眠時間を沢山とる事も必要である。


ドクターからのアドバイス
3日に1回以上便が出ない事を便秘と云うのである、実感は人おのおのである。

便秘は病気では無いのであるが、途方もなく不快な症状である。

便秘から痔になりやすいので、放置しておかずに食物繊維の少なくない食品を口にして改善すべきだ。



カテゴリ
タグ