マタニティブルーと云う言葉を良く聴く。

あまり暗い気持ちに成る事が無い人からすれば、関係の無い事の様であるが、関係無いとおもっていても、なる人もけっこういるのである。

産後、体が疲労を実感していると、女性ホルモンの分泌が消耗するので、体内で自身ではどうしようもない変化がおきていて防ぐ事が出きない事の様である。

妊娠中にマタニティブルーを経験する人は少なくないようでうす。

マタニティブルーの症状は色々と有る。

眠れなかったり、悲しくないのに突如涙がでてきたり、食欲が無かったり、苛立ったり等である。

普通は出産後2週間位で完了する様であるが、マタニティブルーから鬱病へと移行してしまうケースの場合もあるので、気を付けなければならない。

1人で悩まずに、友達や家族、専門のドクター等と対話すべきだ。

マタニティブルー専用に造られた息抜き効果のあるハーブティを使用するのも良いのであるし、他にも色々と気持ち転換をする事が良いとおもう。

妊婦だからとか、赤ちゃんがいるからと云う事で、自身の行動を規制してしまわない様にすべきだ。

あるレベル気楽に考慮して、真面目にとらえ過ぎない事が鎮撫する秘訣だとおもう。

マタニティブルーであると、その気持ちは当然赤ちゃんにも伝達されてしまうし、決して良い事じゃないのだ。

赤ちゃんの事を真剣に考え過ぎる事でマタニティブルーになってしまい、結局赤ちゃんにとって良くない事に成るのをおもえば、少しは楽になり、楽にマタニティブルーを乗り越える事が出きるかも知れない。



カテゴリ
タグ