出産が無事完了して2~3日中に、妊娠時期に増大していた女性ホルモンの分泌が急速に低下していく。

であるので、ふたたび体内のホルモンの釣り合いが崩壊してしまい、心身懸念定と云う状態におかれてしまう。

勿論、ホルモン量の変化だけが原因と云う訳じゃないのだ。

分娩やまだ慣れない育児での疲れや睡眠不足、家で1人育児に取り組まなければならないと云う懸念や孤独感等のストレスという心理的負荷が重なると、感情が懸念定に成る。

無事に子供が産まれ、幸せの絶頂にいるはずなのに、なぜか悲しい、夕方に成ると決定して気持ちが落ち込み訳もなく涙がでてくる、この様な時は、マタニティーブルーである。

マタニティーブルーは、普通女性ホルモンが激的に変化する2~3日から出はじめ、少しずつ薄くなり1ヶ月以内には、改善される。

殊更に、性格的に完璧主義の人や責任感のつよい人は、マタニティブルーに途方もなくなりやすく、育児ノイローゼに移行してしまう事も有るが、まず、妊娠中のツワリとおなじ様に、生理的なものと考慮して良いだろう。

都市部等では、核家族と云った家族構成に加え、地域とのつながりも薄いと云う、母親にとって孤独な育児と云うのも更に懸念を増大させてしまい、ストレスという心理的負荷の原因に為ってる。

1ヶ月以上経っても、症状が改善される事がなく、少しずつ重くなって、倦怠感や懸念感に包まれて、苛立った状態が酷くなり、子供にも興味が紛失してくる、そこまで足を運ぶと、それは産後うつ病となり、通院が必要に成る。



カテゴリ
タグ