近年、地球温暖化のもたらす問題が深刻に成るにつれて、世界各国で防止対策が講じられるように成った。

日本も例外ではなく、2008年から2012年までにCO2等の温室効果ガスを6%削減する事を目標に、省エネ住宅の普及等、家庭における消費エネルギーを削減する対策に国をあげて取り組んでいる。


太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付けて、太陽の光で電力をつくり出すシステムである。

発電時にCO2や有害なガスを出さず、電力使用のピークである夏に発電がおおく出きると云う事から、人にも環境にもやさしい省エネ住宅を実現出きる手段として国でも推奨しているシステムである。


そして電気代を大幅に節約出きると云う点でも優れている。

昼間は自家発電による電気を使用するため電気代がかからないためである。

そして余った電気は電力会社に売る事が出きるのである。

初期費用は高額であるが、長い目でみると太陽光発電の方が経済的なケースの場合も有る。


また災害時や停電時に電力を得る事が出きる事や、屋根に取り付けるパネルが夏涼しく冬暖かい断熱効果を発揮する事等でも評価が高く、近年では省エネ住宅でも取り入れられている。


しかし、太陽光発電は設備が高額で、天候に左右されやすい等課題もおおくあり、これから更に改善が求められている。


太陽光発電は地方自治体による補助金制度が設置されており、殊更に設置費用が高額なこのシステムでは、補助金制度による普及が待望されている。



カテゴリ
タグ