マタニティヨガとは、妊娠生活を心地よく送り、これから出産と云う大仕事をいかに健やかに、息抜きをして実践するかの為のヨガである。

ヨガの呼吸法に拠って出産やいきみを行い易くすると云われている。

またマタニティに必要な筋肉やスタミナ鍛え上げてくれる効果や、心の息抜き効果も有る。

マタニティスイミングにつづいて、マタニティヨガを実践する、クリニックや産婦人科も増大してきている。

これ以外にも日本マタニティヨガ協会と云う団体もあって、大阪や東京の他マタニティの為のヨガ教室の運営やマタニティヨガの普及に努めているのである。

マタニティヨガ教室は、殊更に妊娠15週以上の安定期に入った順調なマタニティママが対象である。

服装は動作しやすい服装が望ましく、これ以外に差支えが無ければはだしで実践する。

マタニティヨガとは本来妊娠中の運動を考え、動きは易しい運動に為ってる。

であるが、運動前には準備も有る。

マタニティヨガをはじめる2時間前には飲食はすませておき、其の後は水分補給以外は控えておこう。

動作しやすい服装で滑らない場所で、安全に実践する為に、ヨガマットを使用すべきだ。

想像と現実の痛みの差が大幅にて介助者の指示も耳に入らなくなって、妊娠中に自身が習った方法でも痛みが低減されなくなった時パニックに成るのである。

このパニックを防ぐ為には出産の時にどういう問題が生じるのか?とう事を纏めた[パニックにならないお産のこつ]文芸社 著木村宣江等の本を詠んでみたり出産へ対処するイメージトレーニング等で自身の力を高めておく事が肝心である。

その為には妊娠中からマタニティヨガ等を取り入れて急がずゆっくりと時間をかけて準備をする必要があるだろう。

出産への力を高める為には呼吸法等にもマタニティヨガがたいへん役に立つ。



カテゴリ
タグ