マタニティの期間のつわりの症状の期間やレベルには個人差があって、人に拠っては全く実感しないケースの場合も有る。

一般的には朝おきてすぐのお腹が空いた時に、一番症状がでると云われている。

普通は12~16週目位で治まるのであるが、臨月までつづいてしまう事もあり、半年以上もつわりと付き合わなければならないと云う人もいる。

マタニティのつわりのメインの症状には以下の様なものが有る。


・匂いに対して敏感に成る
つわりと云えばご飯の匂いが不得意だと云うイメージがあるのであるが、これは人によりちがう。

自身がいままで使用していたお気に入りの香水が妊娠したとたん急に不得意に成る事も有る。


・今まで好きだった食物が不得意に成る
つわりの間は一時的に味覚が変わり易く、今までは好きだった食物が一切合財食べられなくなると云う事も有る。

つわりが完了すれば味覚も元にもどる。


・決定した食物だけを口にしたくなる
つわりの間は食される物が少なくなる為、同じものばっかり口にしてしまいがちである。

この時期は栄養面よりも、とにかく口に何かを入れると云う事が肝心である。


・胃がムカムカして吐き気が留まらない
殊更にお腹が空いた時等には、胃がムカムカしたりつよい吐き気がしたりする。

ビスケット等の簡単につまめる物を用意しておくと良いだろう。


・頭痛がする
妊娠中は寝不足やストレスという心理的負荷等、頭痛を悪化させる原因が沢山有る。

無理をしないで休める時に休むようにする等して、疲労を貯め無い生活を心掛けよう。


・常に眠い
体が常にダルくて、眠気におそわれる人もいるが、これは体が休息を求めていると云う証拠でも有る。

無理をしないで体を休めるようにして、眠い時にはガッツリと就寝する様にすべきだ。



カテゴリ
タグ