日本では近年、省エネルギー対策が強化され、家庭でも省エネルギーに配慮した生活がつよく求められている。


家庭における省エネルギー対策の1つにエコキュートの導入が有る。

エコキュートは数ある「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」の愛称として使用されているものである。


エコキュートは空気熱を活用して湯を沸かす高効率給湯機で、エコキュートに拠って湧いた湯は風呂や調理、近頃では温水床暖房やパネルヒータ-にまで活用出きるように為ってる。

近年では各電力会社や給湯機メーカーが競い合って開発、販売している。


エコキュートで湯を沸かす為に消費する電気エネルギーは、熱エネルギーのケースの場合の3分の1レベルで、今までの給湯機に比較してCO2排出量を60%。

削減する事が出きる。

そして大気中の熱を奪い取る冷媒CO2は工場等で生起したCO2を活用している。


エコキュートは地球温暖化の元凶であるCO2を逆に活用し、大幅に省エネ効果をあげる画期的な給湯機として高く評価されている。


2000年に開発されたエコキュートは2006年には約48万台が設置され、経済企画庁は2010年までに520万台の設置を目標にしている。


省エネ住宅では経済性も重要であるが、エコキュートは初期費用がかかるものの、それ以上の経済的長所があると云われている。

また国からの補助金制度もあり、初期費用の経済的負担は低減される。


エコキュートは設備を置くスペースが必要な事、寒冷地に対応していない事等が短所も何種類か指摘されており、これから更に改善が求められている。


エコキュートがこれから更に普及し、省エネ住宅が増大する事が待望されている。



カテゴリ
タグ