1に記述した小論文を観て、貴方はどうおもったか?
ついでに、段落は行をあけているところで変えているとおもってもらいたいので、これは4段落構成に成る。

原稿用紙にすると800字レベルであるが、少し長いかも知れない。
そのあたりはいいとして、文章はどうだろうか。


第1段落で、[信用]と云う言葉に対する貴方の考えを述べている。

そして第2段落で、具体的に体験を述べる事でその根拠を補強しているね。

第3段落では、[信用]と云う事が企業内で必要となってくる事を述べている。

そして第4段落では抱負を示して[前向きな自身]をアピール出きている。


おおまかなところはこれで良いかとおもうが、気に成る事を何種類か挙げておこう。

まず最初は、体験談が少し長すぎると云う事。
これは、もう少し省略して、[生活文]的な色を排除してみてもいいのである。

そして多様な切り込みが出きていないと云う事である。
自身の体験を主張している為に、一面的な認識に為ってる。


決して悪い書き方じゃないのであるが、やっぱり体験談のところが少し気に成るね。

ここをもう少し省略して、[信用]にかんして多面的な意見をいれるともっとよくなるとおもう。

例を挙げると[信用]し、される事に拠って何が誕生するのか、等考慮してみる事も出きるだろう。


小論文の書き方には、決して[これが正解で、100点]と云うものは実在しない。

100人いれば100通りの小論文があるわけであるから、当たり前である。

であるから、前に多種多様述べたような事に注意しながら、就職に向けて書き方を考慮していこう。

就職の担当者が[これは!]とおもうような小論文を記述する為に、がんばろうね。



カテゴリ
タグ