それでは、現実にどういうような小論文の書き方なのか、例文をのせておく。

のちにこれにかんしての補足をするので、貴方も詠んでみて欲しい。
就職試験の参照事項になれば幸いのである。

なお、横書きの書き方でも有るし、書き方の注意点である項目を観ておかしいところはあるとおもう。
一字下げる事もしていないが、文章だけ参照事項として欲しいね。

あくまでも文だけを観て欲しい。
段落にかんしては後で述べます。


★[信用]にかんして貴方のおもうところを述べよ。


[信用]とは、相手の事を信じて頼りにする事である。
立場や年齢のちがいを意識しているうちは[信用]関係等誕生しない。

お互いに一個人として良さも悪さも認め合って、はじめて[信用]出きるのである。


私はある音楽系のクラブに属していた。
音符も詠めない人から、ずっと音楽に親しん出きた人までが一緒に演奏する。
どうしても、技能の差や学年によるすれちがいが生じてしまう。

私は幼い頃からピアノを習っていた事もあって、あるレベルの音楽知識があった。
練習不足のパート員の分も私が弾かねば、と云う気負いと、私よりも技能が上の後輩に負けたくないと云うプライドがあった。

このような私は皆の音が聞こえなく為っていたのだ。
このような時、知人に肩をポンと打たれたのだ。
[1人でがんばらなくても、周りの人もいる。
もっと肩の力を抜いて。
]目が覚める思いだった。

いつの間にか、私は自身の力不足を過剰な自信と学年で隠そうとしていたのだ。
当てにする事を恥とおもっていたのだ。

しかし、互いを信じ、足らないところを補い合う事で一体感は誕生する。
当てにする事は弱い事ではなく、自身の不足を認める途方もなく勇気のいる事なのだ。


企業内でも同じ事である。
人と人との間に[信用]関係が薄くなってきたと云われているが、それはお互いが敵対して上下の物差しで観ているからだと私は考慮する。

勿論、企業内では上下の関係は必要ではあるが、お互いに一個人としてみていく事が評価等にもつながるのじゃないだろうか。

たぶん誰にでも良い面と悪い面があると云う当たり前の事に気付くだろう。
それを認め合って皆で補い合う事で、[信用]関係が誕生して、共に発達出きるのだ。


私はクラブ活動を通して、人を[信用]する事の難しさと肝心さを学び、[信用]出きる仲間を得た。
社会人として就職してもこの体験を常に失念しないようにして、[信用]出きる人間関係を築いていきたいとおもう。


貴方はこの小論文を詠んで、どうおもうだろうか。



カテゴリ
タグ