近年の就職や大学試験で増大しているのが、課題文型の小論文である。
メインの書き方は1で解説したが、ここでは[要約]にかんして述べていきたいとおもう。

課題文ではむずかしい専門的なものから、思ったよりやさしい文章のものまで多種多様なものが出題される。

そこで、就職の担当者は本当にこの課題文を貴方が適切に詠んでいるのかを確かめる為に[要約]をさせる事があるわけである。

具体的には[本文を★★字以内で要約しなさい]と云う形で出題される。
勿論、要約だけではなく、その上で考えを問う論文もあるのであるけれどもね。


要約は不得意な人がいるかも知れないが、現実は簡単である。

課題文の流れに沿って要約していくだけであるから、貴方の考え等は一切合財いらない。

段落ごとに、ポイントに為ってる文を見つけていく。
たぶんキーワードもあるとおもわれる。
具体例が課題文にあるとおもうが、これは重要じゃないのだ。

段落ごとにポイントに成る一文を見つける事が出きたら、これを順序良くつなげていくだけである。
入れ替えてはいけないよ。

ただつなげただけでは、途方もなく詠みにくい文章になるから、接続詞等を変換してまとまったものにすべきだ。


要約の書き方として、一字下げる必要はないのだ。
また、行頭に句詠点がきたとしてもそのままで良いのである。

小論文の書き方とはこの点がちがうので注意すべきだ。
そして字数は出きるだけ一杯まで使うべきだ。



カテゴリ
タグ