就職試験でテーマ型小論文の問題文を詠んだら、自身の立場・考えをまず確定させるといいとおもう。
自身の立場を[主題]にするのであるが、これは後に[主題の決め方]として述べていく。

小論文の柱となる[主題]を決定させたならば、その主題を支えていく根拠が必要となる。

メモをとるところで述べているが、この根拠は多ければ少なくないほど記述しやすいのである。

そして貴方がこの問題にかんして言いたい事も少なくないわけであるから、主張にも力が入る。

この[主題]を支える、[なぜそう考慮したのか]と云う根拠が多くはないようであれば、その主張にかんしてちょっと論じる事を変えたほうが良いのかも知れない。

しかし小論文は時間との戦いのである。
そのあたりの切り替えは素早く行って、記述しやすい主張を述べていくようにすべきだ。

書き進めてから変える事はむずかしいのであるからね。


間ちがってはいけないのは、[根拠]をおおく述べるだけではダメだと云う事である。

主題を支える根拠は一つか二つまで。
おおく論じてしまうと、まとまりがなくなる。
就職試験の担当者にも貴方の言いたい事がストレートに伝達されにくいのである。

また字数が限られているから、まとめられなくなる事もあるだろう。

一番貴方の主題を支えるとおもわれるものをメモのなかか拾って述べていこう。


そして書き方の基本であるが、小論文の最後は主題を再提示させて結論づけると貴方の考えがよく把握出きる。

また云うまでもない事であるが、主張は一貫性を持たせようね。

初めと最後で主張がちがっていては、貴方の考えを述べたものとは途方もなく云えないからね。

以上がテーマ型小論文の書き方となる。



カテゴリ
タグ