省エネ住宅と云う考えの背景には地球の環境問題が有る。

1990年代に地球温暖化のもたらす問題が指摘されはじめ、世界各国で防止対策が講じられるように成った。

日本も例外ではなく、地球温暖化の防止対策の一つとして、各家庭における消費エネルギーを削減する取り組みが開始したのである。


省エネ住宅の普及は国を上げて取り組んでいる課題である。

国では各種補助金制度を設置する等の取り組みを行ってる。


「エコキュート導入補助金制度」もその一つで、これは家庭の中のエネルギー消費量の3分の1を占める給湯に着目し、高効率給湯機であるエコキュートを導入する際にその費用を補助する制度である。


近頃では、指定された高効率システムを住宅に導入する際に、建築殊更にその費用の一部を補助する補助金制度が設置された。

この制度を活用して高効率システムの導入が増大する事が待望されている。


太陽光発電システムの導入に際しては、国の補助金制度を地方自治体が引継ぎ、自治体ごとに補助金制度を設けている。

自治体に拠って金額や条件が異なるが、殊更に太陽光発電システムは設置費用が高額なため、補助金制度の効果が待望されている。


他にも自治体に拠って個別の補助金制度がおおくあり、自治体の環境問題へ取り組む姿勢やポーズが明白に為ってる。


省エネ住宅にかんする補助金制度は、建築会社や関係者の間では周知されているが、一般市民には余り認識されていないのが実情である。

補助金制度が効果を発揮し、日本の省エネ住宅が増え、地球の環境悪化に歯止めがかかる事が待望される。



カテゴリ
タグ