前に述べたように[主題]を決め、メモをとったならば書きすすめていこう。


主題は小論文の書き方の[柱]となるものである。
当然、柱は一つだけがいいのである。

しかし柱をどれにするか戸惑ったならば、少しずるい方法であるが貴方が[記述しやすいもの]を主題にもってくるといいとおもう。

就職のための小論文は、あくまでも企業に採用してもらうためのものである。
多少おもってる事とちがっても、キッチリと論を組み立てられるほうを選定してもそれは良いと私はおもう。

そして柱がきまったならば、メモで記述しておいた[具体例や体験]等は柱を支える根拠となる。


ここまで決定したならば、あとは構成しながら記述するのみである。
多種多様な構成があるのであるが、1番簡単なのはやっぱり下のような書き方だとおもう。


第1段落:主題となる事を記述する。
貴方の主張をまずここでしておけば、論が途中で一貫性を失いそうになっても立ち直りやすいものである。


第2段落:なぜそう考慮するのか、根拠となった具体例や体験を述べていく。
いくつもダラダラと記述するのではなく、字数は限られているので一つに絞って記述した方が良いだろう。


第3段落:第2段落をもとにして、考察をすすめる。
その体験から貴方は何を考慮したのか、端的に自身の主張へとつながるように考察をしていこう。


第4段落:主題を再提示させて、結論づける。
主題を発展させる事が出きれば1番いいのであるが、むずかしいようならばただくりかえし述べるだけでもいいとおもう。

もう1度主張をくりかえして、貴方の考えを就職する企業の担当者に強調すると云う事である。


字数が800字以下であれば、第3段落は省略して3段落構成で書こう。

200字以下のケースの場合は段落はなしでよいとおもう。



カテゴリ
タグ