前に、評価が高い小論文の書き方の条件にかんして述べたから、そのうちは評価が低くなる小論文にかんして述べていくね。

勿論、[評価が高い小論文]の逆をやってしまうと評価が下がってしまう。

それだけではなくて、[やってはいけない事]を記述してしまうと、就職等の場に於いてその小論文の評価は悪くなるのである。


★出題の意図から外れて、勝手な論を繰り広げてしまう:こういう人はよくいる。
設問を詠んだはずなのに、意図を勝手に把握してしまうのであるかね。

この後にも記述するが、もうこの時点でアウトである。


★自身の主張がない:課題文型の時に途方もなく見受けれるが、課題文のなぞりだけ、に為ってる人がいる。
小論文では[貴方の考え]が問われているわけであるから[主張がない]と云うのは致命的である。

一般論等にすりかえる事も少なくないようであるが、あくまでも[貴方の主張]を繰り広げて欲しい。


★感情的になりすぎる、独創的すぎる:よい小論文のところで[独創性]にかんして述べたが、詠み手の共感を得られないほどの[独創性]は印象を悪くしてしまう。

[独創的]にこだわるあまり、反社会的な論に成るケースの場合が有るが、これも印象は当然悪くなる。

また小論文では[客観性]や[冷静さ]が必要であるから、[絶対に許せないとおもう]等の表現は感情的であるとみなされて評価は下がる。

冷静に論を大展開すべきだね。


★論の構成をガッツリたてる:貴方の一貫した主張を詠み手に把握できてもらう為に、構成力が必要となってく。

絶対に決定した構成はないのであるが、一般的には[貴方の考え]→[裏付けるための具体例等]→[考察]→[考えを再提示]と云う構成が一般的では有る。


★文法間ちがいや誤字・脱字が少なくないもの:後に述べる[小論文の書き方の注意点]に有るが、国語の基礎力が問われるような間ちがいは当然評価が下がるよ。

注意すべきだ。


熱望の就職先に入る為に、これらの事に気を付けようね!


カテゴリ
タグ