就職等に使用される小論文にかんしては、絶対に詠み手を意識したものにしなければならない。
その為に[リズムよく]詠ませる事も必要である。

リズムのある小論文の書き方にかんしての注意点を述べておく。


★一文は短く:一文がだらだらと長くなってしまっては、詠み手が意味を追いかけるのに疲労を感じてしまう。

また長すぎる文章では、文の主語と述語が呼応しなく為ってるケースの場合がおおく、意味が通らなくなる事もおきてしまいがちであるためである。

この事を防ぐ為に、一文は40字レベルで記述するようにすべきだ。


★詠点の使い方:詠点はその文章の意味を変えてしまうくらいの力をもってるものである。
この詠点を上手く使用する事で、文のリズムを作成する事が出きるのである。

詠点は意味が伝達されるように、上手に活用していこう。

[我々を、取り巻く環境は日常めまぐるしく、変化している]この一文を詠むと、何かつっかえてしまうような感覚がしないか。

これをただしく直すと[我々を取り巻く環境は、日常、めまぐるしく変化している]となる。
印象が大幅に変わってる。

また、詠点の場所も重要であるが、数も重要である。
よくあるのであるが、詠点の数が多すぎる文章は詠みにくいものである。

就職に於いては、[詠みにくい小論文]と云うものがどんなに貴方に不利に成るか把握出きる。

多種多様な文章を詠んで、適切な詠点の打ち方や書き方等を自然におぼえるようにすべきだ。



[PR]

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ