小論文で自身が述べるべき[主題]が決定したら、次は構成する為にメモを活用していこう。

課題文等があるケースの場合はそこにメモをする。
また、原稿用紙しかないケースの場合は消去出きるように薄くメモを残すべきだ。


書き方であるが、まず主題を記述する。
(例)私は携帯電話を小学生に持たせる事には逆である。

そしてその周りに[なぜ]そうおもったのか、何種類か記述してみるべきだ。

必要じゃない。
携帯電話でのコミュニケーションには小学生では懸念な部分がある。
お金がかかる。
私の妹が塾通いの為にもっていたが、友達からの情報で有害なホームページに登録してしまっていた・・・等等。

これは少なくないほどいいのである。
そしてそのなかで、自身が1番記述しやすく論じやすいものを探し求めて決定する。

[妹]の事に決定したとすれば、小学生に持たせる事が早すぎた、友達に流されず自身で物事を決断出きる年齢までは持たせるべきじゃない、等の考えを書き溜める。

ここまでくれば、小論文は出きたも同然である。
就職に向けてあとは小論文を記述するのみ、である。


結論で、[よって携帯電話は小学生に持たせるべきじゃないと私は考慮する]と締めるように論を組み立てていけばできあがりである。


こういった具合に、メモの書き方を気付いてあるレベルは構成しておかないと、小論文を記述する事はむずかしいのである。

しかしメモはメモであるから、あくまでも下書きと間ちがえないようにして欲しい。
メモつくりに熱中して、小論文が書ききれなかったりしたら本末転倒であるからね。


文字を記述するには時間がかかるよ。
600字ならば60分はかかるかも知れない。
規制時間×10が記述できる文字数だとおもって欲しい。

それで時間を計算してメモを記述して欲しいね。

就職と云う貴方の人生がかかってるのであるから、時間配分は間ちがえないように!


[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ