冬場に室内を心地よい温度にキープする為には暖房器具が必要である。

省エネ住宅では効率よく室内を暖める暖房器具が求めれる。


エアコンやファンヒーターによる暖房は、暖かい空気はアップし冷たい空気が足元に残るため、室内の温度にムラが出きてしまう。


人間は頭部より足元が温かいと心地よく実感する風潮が有る。

それは昔から「頭寒足熱」といわれ、厚手の靴下を履き、カーペットを敷く等で冬場は足元を暖めてきた。


近年のおおくの家庭で取り入れられている床暖房は、この「頭寒足熱」を実践する理想的な暖房器具だと云える。


殊更に断熱性、気密性に優れた省エネ住宅では、空気を汚さず、温和に室内を暖める床暖房がベストしている。


床暖房は熱の伝導と輻射に拠って床から室内全体を均一に暖める事が出きる。


熱源は床下にあるため、子供や年寄りがあやまって接触して火傷をする懸念がなく安全面で優れているものである。


火を使用していないため、燃焼ガスによる空気の汚染がなく、乾燥や換気の懸念がないのだ。

冬場の室内の乾燥はウィルスの繁殖等の悪影響をおよぼする。


また床自体が暖房器具であるため暖房器具を置くスペースや収納スペースを確保する必要がない事も大きな長所である。


床暖房は殊更に熱源に拠って電気式と温水式に分類される。


電気式では床下に電気ヒータ-を設置して床を暖める。

一般的にキープ費がかかると云われるが、小スペースでの活用はべんりで経済的である。


温水式は床下に温水を循環させる事で床を暖める方法である。

初期費用はかかるが、キープ費は割安で、住宅全体を暖める事が出きる今注目を集めている方法である。


床暖房は対流式のエアコンやファンヒーターに比べ、効率の良い暖房ができ省エネ効果が待望出きるものとして関心が高まってる。



カテゴリ
タグ