原稿用紙の使い方にも決まりが有る。
字数のところで句詠点にかんして少し述べたが、原稿用紙をただしくつかって小論文を記述していこう。

書き方の基本、と云っても良いかとおもう。
就職する際にみられるのは、このあたりであるよ!

★書きはじめや段落を変える時には、1マスあける:たまにマスをあけずに書きはじめている人がいる。
また明白に改行しているのに、以下の段落の頭が1マスあいていない人もいる。

書き方に注意していこう。


★[!][?]は使用しない:思わず使用してしまいがちだろうが、小論文では使用しないほうがよいのである。
会話文がもしでてくるようであれば、そのなかであれば許容範囲であるけれどもね。


★句詠点(、や。
)、かぎかっこ([])はおのおの1マス使用する:行末にこれらがきた時は、文字と一緒に記述しても構わない。
しかしそうでないケースの場合は絶対に1マス使用して書こう。

行の頭にこれらがこないように、前の行の最後に文字と一緒に同居させよう。


★ふりがなは不必要:原稿用紙の横にふりがなをふってある人が見受けれる。
しかしふりがなは必要ないのだ!あて字のような漢字を使用してそれを詠ませたいとおもうかも知れないが、あて字は使用しない方が良いだろう。

印象を悪くしてしまう。


★間ちがえたら消去してやりなおす:当たり前であるためであるが、斜線で訂正して横に記述してある人がやっぱりいる。

こういうものは詠み手の印象を悪くしてしまいがちであるため、キッチリと消去して書き直すべきだ。
就職と云う肝心な事がかかるのであるから、手間をかけて綺麗に消すべきだ。



[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ