それとなく小論文を記述する際の注意点が把握できてきただろうか。
書き方には本当に注意が必要である。
就職がかかってるのであるから普段の自身とは切り替えて小論文を記述するようにすべきだ。


★[ら]抜き言葉:近頃ではこの言葉がもしかしたら認められつつあるのかも知れない。
であるが、小論文では使用しないほうが良いとおもう。

[着れる]は[着られる]であるし、[来れる]は[来られる]である。
もしくは、[身に付ける事が出きる][来る事が出きる]でもいいのである。

我知らずに記述しているかも知れない書き方であるため、事さら注意が必要だとおもう。


★1人称にかんして:小論文の1人称は[私]で統合すべきだ。
男性も女性も使用できるし、これで構わない。

よくあるのは男子で[自身は][僕は][俺は]と云う1人称を使用している人が少なくないのである。
そして普段は[私]を使い慣れていないせいなのか、初めは[私]なのに途中で[僕]等に変わってるケースの場合がおおく有る。

詠み直す時に、文体や1人称が統合出きているかキッチリと点検しておこう。


★字数にかんして:就職等に用いられる小論文は殊更に800字が少なくないかとおもうが、字数にかんして注意が必要である。

決定された字数の8割以上は絶対に記述するようにすべきだ。
800字であれば640字である。
もしも8割以下であれば、論を充分に大展開したとみなされず、ケースの場合に拠っては減点されてしまうケースの場合が有るので注意して絶対に8割以上は書こう。

内容を充実させる為に、9割以上が本当は望ましいのである。
800字であれば、720字である。

出きれば、最終行のギリギリまでは書こう。
その際に注意であるが、句点が最後のマスに文字と同居するケースの場合は、もしかすると字数オーバーとみなされてしまうかも知れない。

句点も一文字と考慮しておさめるようにすべきだ。



[PR]

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ