小論文の書き方の注意点をどんどん述べていくね。
就職に於いては、少しばっかりの事が競争相手を比較されて命取りになりがちである。

ミスをできる限り少なくしておこうね。


★文体にかんして:文体には[である・ます体]と[だ・である体]が有るが、小論文のケースの場合はどちらかと云うと[だ・である体]のほうがよいとおもわれる。

そのほうがより自身の考えを強調出きるように成る。

[私は~だとおもう]よりも[私は~だとおもう]のほうが断定的であるし、断固たる貴方の考えを就職する企業の詠み手に伝達する事が出きる。

かと云って[である・ます調]が悪いと云う事じゃないのであるが、どちらかと云うと、と云う事である。

また文体を途中で変えないで欲しいね。
[だ・である体]で書きはじめたのに、途中で[である・ます体]になる。
これでは減点されてしまう。

文体は初めから最後まで統合させた書き方にすべきだ。


★話し言葉の使用:これは本当に少なくないのである。
[私は★★だとおもうけど]この文章どこがおかしいか把握できるだろうか。
[けど]と云うのは話し言葉に成る。

[けれど]がただしいのである。
[あと、私は★★だともおもう]このケースの場合の[あと、]も話し言葉に成る。
[そして]等の接続語が使用できる。

日常に使用している言葉は論文としては使用出きない言葉がたくさん有る。
勿論、[超うざい]等は論外である。

このような言葉を小論文で使用してしまうと、就職の面接でいくら丁寧な言葉を使用していたとしても、本当の貴方をみられてしまう事に成る。
気を付けようね。



[PR]

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ