前に述べた事とかんして、小論文の書き方で注意しなければならない事を何種類か挙げておきたいとおもう。

どれも就職等にかんして常識を問われるので、注意すべきだ。


★題名にかんして:小論文では題名は必要ないのだ。
[~にかんして貴方の考えを述べよ]と云う問題だとすると、[~にかんしての私の考え]と云うのは明白にいらない事である。

小論文では字数がそのぶん足りない、とみなされてしまうケースの場合も有る。
作文とは異なる。


★漢字にかんして:近頃は携帯電話やパソコンに当てにする事が少なくないためか、漢字の間ちがいが少なくない事が目に付く。

よくあるのは友達、等の[達]の字であるが羊のところが二本に為ってるのである。

他にも色々有るが、[緑]と[縁]を間ちがって使用していたりするケースの場合も有った。
類似したような漢字であるからね。

また、この年齢であれば記述できるはずの漢字をひらがな表記にしてあるのも減点の対象に成るケースの場合が有るので注意すべきだ。

記述してみて、[おかしいな?]とどこか実感する漢字は間ちがってる可能性が高いものである。

漢字にかんしては就職や入学試験で常識が問われる。
書き方にも注意してじっくり見直すべきだ。


★数字にかんして:基本的に小論文は縦書きに為ってるとおもわれる。
縦書きで数字を使用するケースの場合は基本的には[漢数字]を使うべきだ。

[高校3年生]と云うのを縦書きで記述してあると異和感が有る。
[高校3年生]と書こう。

例外として、課題文の中にこのような表記があり、それを使用するケースの場合はかまわないケースの場合も有る。



[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ