前に述べたように、私は小論文の添削をしていた。

そこではそのレベルに合わせて問題を作成していたが、やっぱり何回も実行しているとレベルが上がっていくのには驚かされた。

初めのころは作文と分類もつかないような書き方をしていた人が、回を重ねるごとに就職試験でも高得点をあげるような小論文を記述していくのである。

ここではほぼ小論文を記述するのは初心者、と云う人達の添削をしてみて気がついた事を書きたいとおもう。

初めに実感した事は、[小論文の書き方を作文と間ちがってる]と云う点だった。

小論文とは、自身の考えを主張する事が重要である。
入学試験や就職の時に小論文がなぜ採用されているのかと云うと、やっぱりその人の詠解力や把握力、考えを端的にしる事が出きるからである。

その時に、[自身は~と考慮する]と主張出きないのであれば、小論文を記述する意味はないのだ。

キッチリと自身の考えを述べていく。
これは当たり前であるが重要な事に成る。


また[文字が詠みにくい]これもおおくみられた。
またあとで、小論文を記述する際の心構えとして述べていくが、文字をキッチリと記述する事も必要な事である。

別に上手でなくても良いのである。
詠み手に自身の考えを伝達する為には、まず[詠んでもらう]事が必要である。

下手でも良いのである。
丁寧に記述していこう。


自身の考えを詠み取ってもらう為に、これらの事に注意して小論文を記述していこう。



[PR]

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ