これはたぶん1番多くはないパターンだとおもわれる。
就職に際して、データを示してそれを論じていく事を重要視する会社が試験として採用するくらいだとはおもう。

であるが、念のため記しておくね。

名前もしくは名称の通り、まず何かのデータを示される。
そしてそれをもとに貴方の考えを問われる事に成る。

小論文の書き方としては、何だか難しく捉えがちかも知れないがこのような事はないのだ。

これも定石どおりに考慮していけば、書き方は意外と簡単であるためであるよ。


このパターンの小論文を記述するのにまず必要な事は、[データを詠み取る]事である。
当たり前である。

そしてその[データの特徴点を考慮する]と云う事も必要である。
そして問いにデータを使用して答えていくわけである。


例を挙げると、女性の年齢別の労働力の率を国別に観るグラフがデータとして示されたとする。

問われているのは、[日本の女性の働き方にかんして]の考えである。

データをきちっと観て、他国との比較を実践する。
その結果、日本の女性だけにある特徴点を詠み取って、その特徴点にかんして貴方の考えを示していくわけである。


この時に女性の労働環境の問題等にかんして、日頃から新聞等で勉強しておくと論が深あたかもしょう。


あくまでもデータを詠み込んで、そのうえで自身の考えを述べていく必要が有る。

課題文型と同じで、データを無視する事は減点の対象となる。
あくまでもデータ、を元にする事が必要である。

就職試験の為に、このパターンの小論文の書き方もおぼえておくとよいのである。



[PR]

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ