テーマ型ほどおおくはないかも知れないが、このパターンも書き方を気付く上で無視は出きない。

課題文型とは、添えられている課題文を詠んで、その事にかんしての出題に答えていく小論文である。

朝日新聞の[天声人語]等を課題文として答えさせる事も少なくないとおもわれる。


就職させたい企業が1番この考えを詠み取るのに適している、とおもってる課題文が選定されるから、それをあてる必要等は全くないのだ。

本や解説文等ありとあらゆるところから引っ張ってこられるわけであるからね。


肝心な事は課題文をガッツリ詠む。
そして筆者が1番言いたい事であろうところに線をひっぱる。

そのうえでそのうちは問題文を詠んで、やっぱり[貴方の考え]をガッツリ述べていこう。

課題文をふまえたうえで、貴方の考えを述べる事が重要である。
課題文を無視してしまったのでは、減点の対象に成る。


少し長くなるが、例を挙げて解説していこう。

[プレッシャーにかんして]と云う事で、筆者は[頑張れ]と云う言葉が[プレッシャーに成るので良くない]と述べてある課題文があるとする。

そして問題文は[この課題文をふまえたうえで頑張れ、と云う言葉に対する貴方の考えを示しなさい]だったとする。

そのように出題されているのに、[私は頑張れと云う言葉はよいとおもう]とだけ示して論を繰り広げてしまったとしたら、課題文をふまえているとは云えない。

あくまでも課題文ではプレッシャーに成ると記述してあるのである。

その意見と逆の意見を示すのであれば、筆者の意見を論破していかなければならない。


当たり前のようであるが、課題文型の小論文では、こういった具合に課題文を無視して記述している人が途方もなくの数いるのである。
書き方に気を付けて就職に向けてがんばろう。



[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ