小論文には出題にパターンが有るが、大幅に分けて3つのパターンである。
この一つ一つのパターンに拠って、書き方も違ってくるので観ていこう。


★テーマ型
就職試験と併用して小論文が出題されるケースの場合には、このパターンが1番少なくないのじゃないだろうか。

就職させる側の企業も、出題しやすいとおもわれる。

一つのテーマが与えられ、それにかんしての貴方の考えを問うものである。

例としてあげると、[近頃貴方が気になったニュースを一つあげ、その事にかんして貴方の考えを述べなさい][貴方が挑戦したいとおもってる事を一つあげ、述べなさい]等等である。

就職試験としては、[この会社に入って取り組んだいとおもう事を一つあげ、抱負を述べなさい]等のような出題もあるかも知れない。

このパターンのテーマはいくらでも有る。


ここで注意すべき事は、まず問題文をよく詠む、と云う事である。

[一つあげ]と出題してあるのに、やる気を見せる為にいくつも挙げる。
もうこれだけで出題の意図から外れているからアウトである。

私が採点者であれば、書き方はいくらよくてもここで途方もなくの減点とする。

小論文の出題テーマはどれも同じである、等と簡単に考慮して問題文を軽くとらえる事は危険な事である。
人は思い込みやすいものであるからね。

絶対に問題文をよくよんで、指示にゆえに論を繰り広げていこう。

問題文を詠む、と云う事が良い小論文の書き方の第1歩となるのである。



[PR]

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ