小論文を記述するのに、これをやっておけば、と云う事を一つ挙げるならば、やっぱり新聞を詠んでおく事だろうか。

勿論、その事が就職試験に絶対に役立つかと云うと、そう言い切る事は出きない。

しかし小論文には後で述べますが、出題のパターンと云うものが有る。

そのなかで[テーマ型]と云うものがあるのであるが、この[テーマ]がやっぱり時事問題を扱ったものが少なくないのである。

近頃少なくないのは、[地球温暖化]にかんして等だろうか。

サミットでも議題に成るようであるし、こういった事を交えながら論じていくと企業の担当者には好印象だとおもわれる。

地球温暖化を論じながら、その解決策として講じられている事や、貴方が就職したい企業でも取り組んでいる事等を挙げて自身をアピールする事も出きる。


勿論、小論文をきちっと記述する事も必要であるが社会人に成るにあたって最低限の知識があるかどうかみられる可能性があるのも、また小論文の怖さと云えるかも知れない。


あとは[少子化問題]や[フリーターやニートの問題]等挙げればきりがないのだ。

こういった具合に例をあげて、貴方は書き方がすぐに頭に浮かぶか?

興味ない事をいい加減に記述する事はマイナスにつながるが、貴方自身が社会に目を向けている事は小論文にもたぶん役に立つとおもわれる。


家で新聞をとってる人は、本日からでも新聞を詠んで、時事問題にかんして気付いておこう。

そして分かる事ができない事があれば、[イミダス]や[知恵蔵]、もしくは家庭に絶対にはあるだろう[広辞苑]で吟味しておくと云うくせをつけよう。

出きればそのなかで、小論文の題材になりそうなものを選定して書き方等の対策をとっておくとよいとおもわれる。



[PR]

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ