家庭で使用される暖房器具には多種多様な種類が有るが、おのおのに良い点、悪い点が有る。


暖房器具には暖めた一部の空気を対流させる事で室内全体を暖める「対流式」と、赤外線による照射に拠って人体を暖める「輻射式」、また熱源が直接人体を暖める「伝導式」がありあます。


石油ストーブ、ガスファンヒーター等は対流式の暖房器具で、気楽で使用しやすい事から家庭におおく取り入れられてきた。

しかし、このような解放型の暖房器具は燃焼ガスを生起するため、室内空気を汚しやすいと云う短所が有る。


オイルヒーター等のパネルヒーターは、輻射と自然対流を活用し部屋全体を暖める仕組みの暖房器具である。

空気を汚さず、健康面、安全面でも優れている。

近年パネルヒーターは多種多様な改良がされ、立ち上がりの早いものや温水タイプのものも登場し、選択肢が拡がってる。

しかし電気をおおく消費するため省エネ効果は低く、電気代が掛かってしまうと云う短所が有る。


近年注目を集めている床暖房は、熱の輻射と伝導を活用し「頭寒足熱」の理想的な暖房に拠って室内温度を均一に暖める事が出きる暖房器具である。

空気の汚染や乾燥が少なく、また場所をとらず、音も静か等優れた面をおおくもち、省エネ住宅や新築マンション等では標準装備に成るほど普及している。


床暖房には電気式や温水ガス式等熱源も多様化しているが、床温度を上げる事は体感温度を効果的にあげる事でき省エネにも適切である。


殊更に断熱性、気密性に優れた省エネ住宅では、空気を汚さず、温和に室内を暖める床暖房はベストな暖房器具だと云える。



カテゴリ
タグ