[小論文を記述する]と云うと、貴方は何を実感するか?[小論文記述するのが大好き!]と云う人も勿論いるだろうが、大たすうの人が不得意意識をもってるのじゃないだろうか。

それは一体なぜなのだろうか。
疑う余地もなく小論文は作文とはちがい、好きな事を思いつくままに記述する、と云う事じゃないのだ。

しかし、書き方はこのようなにむずかしいものじゃない事も確かである。
少しばっかりのこつさえ掴めれば、ね。

もしかしたら、あまり小論文の事を分かる事ができないままに不得意意識をもってるのかも知れない。


必要なのは[慣れる]と云う事である。
[好きなように記述出きない]のであれば、その書き方をマスターすれば良いのである。

勿論数学のように、小論文の答えは一つじゃないのだ。
だからこそ、色々に記述する事が出きるし、貴方の色を出す事が出きるのである。

言い換えれば、貴方の考え方を企業に気付いてもらうのにこれほど適した問題はない、と云う事である。

貴方と云う人間の素晴らしさ、その考えをアピールする絶好の機会であるためである。


大学入試等で実ほどこた大学も少なくないだろうが、就職にも小論文は試験として出される事がおおく為ってる。

企業にとっては唯一その人の[人となり]が知れるものであるためであるから、当たり前かも知れないが。


私は以前小論文の添削をしていた事が有るから、そのあたりの事と合わせて就職試験であわてない小論文の書き方をこれから述べていきたいとおもう。



[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ