フェレットをペットとしてむかえる方へ、簡単にフェレットの多種多様な特徴点を談じたいとおもう。
フェレットをペットとして飼ったら、お部屋で一緒に生活する事が出きる。
ゲージも有るが、殆どの人が部屋で、放し飼いで飼ってる
大人になっても、猫よりも小さく、近隣に迷惑をかける事はないのだ。フェレットは発情期にも凶暴に成る事もなく、マンションに居住する1人暮らしの方の間で、途方もなく人気が有る。性格は温厚で人になつき、大人になっても飼い主と遊ぶ。
人間によくなれる為、しつけの面でも安心である。トイレもおぼえるし、家族おなじ様に暮らせる。
うんちもべとつかず殆ど無臭である。お風呂に入れる事も出きる為、世話が面倒じゃないのだ。

フェレットとは、家でペットとして飼えるように改良された動物である事を皆さん御存知だったか?
去勢、不妊、臭腺の除去手術をした小動物に成る。
手術のしていないフェレットや、手術していても不完璧なフェレットは、劇的な臭いを出す。
発情期も凶暴になり、ホルモン系の病気になりやすくなる。手術済みであっても、動物の多少の体臭はあり為、おぼえておこう。
フェレットは人になつく為、ペットとして人気が在り、フェレット同士でもお互いに遊ぶ。2匹飼ってもいいのである。
途方もなく好奇心が旺盛で、愛情をそそぐほど、飼い主と他人を見分ける。
トイレのしつけの他に、芸もおぼえる。バッグに入ったりして、飼い主と一緒に外に出掛ける事もでき、散歩を嫌がらない。
ちっぽけな場所に、一時的に入る事をあまり気にせず、よく就寝する動物である。
部屋では、一日に数時間遊ばせたり、駆け回ったりさせてあげて欲しい。

ペットのフェレットは視力や聴力が弱いのが特徴点である。
その分嗅覚が途方もなく成長していて、暑さに弱い動物である。鳴き声をあまり出す事がなく、鳴くとすればベビー時期に成る。
そフェレット寿命は約6から10年くらいで、潜り込むのが大好きである。

ペットとしては飼いやすい小動物と云えるだろう。


[PR]

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ