ウサギをペットとしてこれから迎えようとしている人もおおく居るとおもう。
ウサギを飼う時は初めどうしたら良いのか、簡単に談じたいとおもう。

ウサギはぬいぐるみのようにかわいく、ペットとしての大きさも丁度(ちょうど)いいのである。
ウサギにあたえる食事は、ペット店にあるラビットフード(ベレット)やにんじん、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜、カブの葉、きぬさや、さつまいも、とうもろこし等に成る。

食事は新鮮なものをあたえて欲しい。それと失念してはいけない物が干し草である。繊維質がおおく含有されているのでウサギが元気に成る。
この干し草は毎日あげて欲しい。

りんごやみかん等の果物や、たんぽぽ、はこべ等の野草は時々あたえて欲しい。

うさぎにも好き嫌いが在り、ラビットフードは固いものとやわらかいものがある為、多種多様なタイプを試して欲しい。
またウサギのおやつ等も在り、固いおやつは、歯の伸びすぎも防ぐ。
野菜や果物はよく洗浄して水気をふいてからあたえるようにして欲しい。農薬がついているかも知れないので注意しよう。

絶対に食べさせてはいけない食事は、ねぎ、長ネギ、にら、にんにく、チョコレート、アボガドに成る。アクのつよい、ほうれん草もあたえないで欲しい中毒をおこす危険性が有る。毒性のつよい野草や、観葉植物もあたえないで欲しい。

ウサギは犬等とちがい、間ちがって口にしても、吐き出す事ができず、可愛そうな思いをさせてしまう。
人間が口にする味がつきすぎている物もあたえないで欲しい。

雑草はタンポポの葉、はこべ、のこぎりそう、しろつめくさ、おおばこ、なずな、くずの葉等はあたえても大丈夫である。
それ以外は注意して欲しい。

うさぎを入れるケージを選択する時は、うさぎが体をのばせる大きさが必要である。うさぎがかじっても安心なゲージを選択して欲しい。

床に敷くものは 風通しが良いものを選ぶ。下はウンチが落ちる金網にして、木のすのこ等、やわらを敷こう。
床はやわらかく、ふかふかにしてあげないと傷が出きてしまう事も有る。うさぎの足の裏は肉球がない為、床には気を付けて欲しい。

トイレはペットシーツで、充分OKである。

これ以外うさぎのしつけや、食事をあたえる時間等、多種多様な事を気付いておく必要が有る。
解らない事は、ペット店の店員さん等に聴いて、うさぎにストレスという心理的負荷がかからない環境をつくり、ウサギをペットとしてむかえて欲しいとおもう。


[PR]

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ