亀をこれからペットとしてむかえる方へ。

鶴は千年、亀は万年と昔から云われているが、その名の通り、亀は長生きする。
クサガメやミドリガメの寿命は30年レベルであるため、最後まで責任をもって可愛がって欲しいとおもう。

沼亀を飼うには、まず水槽を用意して欲しい。
大きさは体長の数倍から10倍レベルの物がいいのである。水槽には水を入れる。カルキ抜きした水を、首をのばして顔を出せるレベルに入れて欲しい。
成長したら、水の量を増やしても大丈夫であるが、亀は空気中で呼吸する為、水深を深くしすぎないようにして欲しい。

カメは毎日ひなたぼっこをする。それには理由が在り、甲羅が頑丈に大幅に成長する為に実践する。

その為のライトが当たる暖かい場所と、狭い場所が好きであるため、隠れられる場所を作成してあげて欲しい。

亀は温度管理が必要であるため、水温26℃ぐらいで、ホットスポットは28から35℃ぐらいを水準にアレンジしてあげて欲しい。
ペットの亀を室内で飼うケースの場合も、寒暖の差を付ける。ホットスポットのケースの場合は、昼間ライトを点灯し。夜に消灯すればOKである。

水が冷たくなると亀は冬眠をはじめる。冬眠は仮死状態に成る為、水中ヒーター等を用意して上げて欲しい。
亀は冬眠しなくても大丈夫であるため、ガッツリ管理してあげて欲しい。

亀は談じたりしないが、寂しがりの一面が有る。
遊びたい生き物でもある為、よく遊んであげて欲しい。亀の一日は朝起床し、ホットスポットで体温をアップさせてから食事に成る。ホットスポットで昼寝をし、夜は就寝する。

亀をむかえる前に用意する物は、水槽、水、餌、ヒーター、陸場、白熱球等のライト、温度計である。
ペットとしてむかえる前に亀の環境をアレンジしてあげて欲しい。

注意する事は、小亀の亀の水は、カルキ抜きをガッツリして欲しい。
あるレベル成長すれば神経質に成る事もないのだ。亀は水を良く汚す為、水交換は三日に1回、まめに行って欲しい。
亀には日光浴が絶対に必要で、紫外線が重要である事をおぼえておいて欲しい。甲羅がやわらかくなり、病気に成る。

亀はペットとして長生きして飼いやすいようにおもえるが、キッチリとしたお世話が必要である。責任をもって可愛がって欲しい。


[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ