現代では、多種多様なペットを飼ってる方が居る。
蛇をこれからペットにしようかお考えの方へ。蛇の簡単な特徴点や飼い方にかんして談じたいとおもう。

ヘビは一番飼育のむずかしい爬虫類と云われている。
軽い気持ちでペットとして飼う事はむずかしい生き物である。食事は犬や猫のようなドライフード等ではなく生きたものしか口にしない。
更に、えさに怯えて蛇が拒食に成る事も充分有る。
途方もなく神経質な生き物である事を頭に置いて、ペットとしてむかえるか考慮して欲しい。

蛇をむかえるにあたって準備するものは、まず食事である。
ヘビの種類に拠ってちがいは有るが、ネズミやカエル、ヒヨコ、昆虫等を口にする。
また、ヘビには変温動物食と、恒温動物食に分けられ、食物もちがう。解らない事はペット店に問い合わせると良いだろう。ヘビの習性は、生きた動物を捕まえて口にする。生きたエサしか受け付けない。食事を与えなければ死んでしまう為、生きた状態のえさが手に入れられるようにしておかなければならない。
ペット店に申し込む、自身でマウスを育て繁殖させる等の方法が有る。

次に飼育箱を用意する。少隙間はないようにして欲しい。
プラスチックの水槽は通気性がないので避け、木の飼育箱を用意しよう。出きるだけ大きい物の方がいいのである。


ヘビには環境造りも肝心である。
温度もアレンジしてあげなければならない為、22から23度くらいで温度をキープする。温度計を取り付けておくといいのである。
サーモスタットを取り付けるとべんりだろう。

飼育箱にはパネルヒーターや発熱電球等を設置する。発熱電球は火傷をしないように取り付けて欲しい。
パネルヒーターは床の一部分に設置する。窓に金網をつけ通気用・暖房用の大きな窓も作らないとならない。

ヘビは暗闇が好きであるため、部屋の明かりが明るく照らされる所ではなく、暗い場所を作成してあげて欲しい。
登り木を1本と、ヘビが充分に入れる水を入れてプールも設置して欲しい。これは飲み水にもなる。

ペットとして飼う時に一番むずかしい事は、ヘビにえさを食べさせる事である。
蛇がエサを食べなくなる事が有る。ヘビが落ち着いて食されるように食事は試行錯誤しなければならない。
30分経過してもあたえたエサを口にしないなら、取り出して欲しい。放置するとその食事を食べなくなる。
また、エサの大きさで吐き出す事も有る。同時に複数のえさをあたえるのではなく、一匹ずつあたえていくるのだ。
間を空けずに、以下のエサあたえてなければならない為、食事の時は飼い主が観ていて欲しい。

食事にかんしては絶対にペット店で確認するようにして欲しい。

ペットで蛇を飼う時には、同じケースにおおくのヘビをいれないで欲しい。
ストレスという心理的負荷や食事の分担が出来ず死んでしまう。蛇の脱皮は絶対に点検し、健康であるか確認して欲しい。
脱皮の時期は目が白くにごり、蛇は神経質に成る、噛み付くので気を付けて接触して欲しい。
いくら可愛いと云っても触りすぎもストレスという心理的負荷の原因となる。注意して欲しい。


[PR]

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ