ペットが亡くなった時、どうしたら良いのかわからず、慌てる事が有る。
安置方法を気付いておく事で、知人が困っていたりした時等でも、すばやく対処出きるのじゃないだろうか。

ペットが亡くなったら、ペットをやわらかいバスタオル等の上に寝かせてあげて欲しい。
そして上に毛布をかけ、できる限り涼しい場所に安置して欲しい。生前にペットが使用していたマット等がある時は、そのマットを使用してあげると良いのかも知れない。
気温の高い季節や、暖房を入れている冬等は、氷や保冷剤をタオルにくるんで使用する。ペットの体の下(殊更に腹部や頭部)に置き、涼しくして欲しい。冷房をかけたりしてできる限り涼しい環境を作成する。

ペットも時間の経過と共に、亡くなった後は硬くなり、死後硬直が開始する。
その前ペットの目や口を閉じて寝かせてあげて欲しい。口や鼻、お尻から汚物がでる事もある為、そのつど、ふき取ってあげて欲しいこれは生き物の自然現象であるため、そばでペットを観ていてあげて欲しい。

安置した後は、お水と好物の食物をお供えする。ペットが愛用していた器に入れてあげると良いだろう。
愛用していたおもちゃ、花、写真等もあれば、一緒に飾ってあげて欲しい。
ペットが亡くなった日から、火葬の日まで、毎朝お水と食物を変えてあげて欲しい。
ペットが家族と過ごせる最後の時間は、愛情をたくさん注いで、ペットとの時間を過ごして欲しい。

飼い主は、気が動転している事も有る。周りの人達が助けてあげる事も必要に成る為、皆さんで協力する事も肝心である


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ