ペットが亡くなったと、知人から連絡を受けたら、親しければ絶対に、相手の自分の家に伺うとおもう。
このような時のペット葬儀のマナーにかんして簡単に談じたいとおもう。

ペットと知人に会いに足を運ぶのだから、普段の服装でいいと云うわけにはいこない。
ペットを失った知人の家は、キッチリとしたお葬式を執り行ってるのである。服装はキッチリとした全身黒の喪服に着替える必要はないのだが、黒や紺のカラーの服を身に付けるようにして欲しい。派手じゃない服装で知人の自分の家に足を運ぶ事はマナーとして肝心な事である。

ペット葬儀にもって足を運ぶ物は、1番良いものがお花である。どのような花を買い付けて良いのか解らない時は、お花屋さんにペットの葬儀を伝達すると、大きさやお花を選択してくれるとおもう。肝心なのは気持ちであるため、あまり考えすぎずに、綺麗なお花を持参して欲しい。

お悔やみの言葉であるが、参加者の不用意な言葉で、飼い主が傷つく事がたくさん有る。
飼い主にしてみれば、家族がなくなった事と同じである。「新しいペット飼えば?」等と云った言葉は云わないで欲しい。
相手を思い、励ましてあげる気持ちを率直に伝達してあげて欲しい。ペット葬儀のマナーの部分では途方もなく肝心な事である。

飼い主は悲しみのあまり、ペットの死を受け入れる事が出来ず、ペットロス症候群になったりするのである。
これは、心理的にも体的にも不調を起こし、うつ症状や、食欲不振、不眠等の多種多様な症状があげれる。

愛情をかけた分だけ、悲しみも大幅に、一緒に暮らした期間が長い分だけペットの死は辛いのである。
心の傷は絶対に時間が癒してくれる。悲しい気持ちも時間が立てば、ペットへの感謝の気持ちに変わる。
近頃は辛くても前向きに生きて欲しいとおもう。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ