ペット葬儀は1つだけではなく、何種類かに種類が分類される。

合同葬とは、僧侶が詠経する。
お葬式が完了した後にペットとお別れをする。其の後は、他のペットと一緒に火葬する。
火葬してから寺院で納骨し、お墓に入れてあげる。火葬に立会い、骨を拾う事は出きないが、ガッツリとしたペットの供養に成る。

個別葬とは、僧侶が詠経する。お葬式が完了した後は他のペットと一緒にではなく、個別に火葬する。
其の後、納骨しお墓に入れる。納骨しないで、骨を持ち帰る事が出きる。お骨上げは飼い主ではなく業者が実践する。

立ち会い葬とは、僧侶が詠経する。お葬式が完了した後に個別に火葬し、お骨上げを熱望したケースの場合は飼い主がお骨上げをする事が出きる。骨を持ち帰る事も出きる。家族でよく話しあって欲しい。

自分の家葬とは、自分の家にシフト火葬車が出張する。
そして葬儀、火葬を実践する。火葬はペットが好きだったお気に入りの散歩コースで実践する事も出きる。
しかしながら、ずさんな設備の業者は、悪臭や煙でトラブルになり、後で問題に成る為、事前に業者を調べた方が良いだろう。
殊更に、自分の家での訪問火葬を選択する時は、キッチリとした技術をもった業者を選びお願いする事をお勧めする。

近頃では、ペットの葬儀に多種多様な人をよぶ事が有る。
ペットとの最後のお別れに集まってくれる為、ペットもたぶん喜んでくれる。自分の家に祭壇を設けたりするサービスも有る。
業者さんにどのようなサービスと葬儀の種類があるのか、事前にキッチリと聴かれる事をお勧めする。

ペットの葬儀は動物だから簡単に済ませるのではなく、家族が話し合い、葬儀の種類やお墓にかんして、ペットと家族が承知の出きる形の供養をしてほしいとおもう。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ