ペットの死は辛く悲しいものである。葬儀等はペット専門の葬儀屋さんにお願いする等の方法が有るが、自分の家で土葬をする時は、どうしたら良いと考えられるか。

ペットの亡骸は飼い主が葬ってあげなければならない。飼い主には最後まで責任が有る。

土葬の一般的な方法だったのは、自分の家の庭に土葬する方法である。可愛がっていた人達が皆で穴を掘り、そこに手作りのお墓を作成する。亡くなったペットもたぶん喜んでくれるだろう。土葬はペットが何時も家族の側にいる事が出きる。

しかし土葬はいい点だけではなく、他の野生動物に掘り返される事も在り、危険も結びつくるのだ。深い穴を掘れる広い土地であれば安心であるが、都会に居住している人にとってはむずかしい問題である。また、土地があっても、土壌や水質の汚染に影響がでるようであれば、問題に成る。土葬は、このような事にも配慮しなければならない。

ペットを飼ってる人は、アパートやマンション暮らしの方もおおく、土葬したくても穴を掘れる場所が、確保出きない状態に有る。

いい場所を見つけても、自身の土地以外に埋葬する事は法律で禁止されている。
近くの空き地や公園に埋葬する事も、勿論出きない。

以上の事を考慮すると土葬の条件は難しく、自分の家に埋葬するケースの場合は、一旦火葬してから埋葬する事をお勧めする。
現代では、専用グッズも販売されていて、ベランダや自身の部屋にお骨を置く事も出きる。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ