ペットが椎間板ヘルニアになった時の体験談である。

私の家には2匹のダックスがいる。ある日突如、7歳のダックス(アトム)が歩けなくなってしまった。
散歩に行こうとしても喜ばず、動作しない。初めは元気がないだけなのかとおもったが、完璧に後ろ足が麻痺していた

あせってもどうする事も出来ず、飼い主の私が泣いていた。アトムのダックスは声に出して痛いとも言えず、辛いのは私じゃなくアトムの方だと、つよい気持ちをもって治るまで一緒に頑張る事を決意した。

病院での検査の結果は、重度の椎間板ヘルニアだった。薬をもらいたが、一向によくならず、手術をしても50パーセントの確立でしかないと告げられ、私とアトムのリハビリ生活が開始した。

初めは尻尾も動かず、座ると後ろ足が折れている状況だった。
トイレも痛いのか、力む事も出来ず、辛そうだった。気晴らしに外で1時間以上、足を持ち上げたり、外で今までのように遊ばせ、トイレがしたくなったら、私が支えてあげるようにしていた。

できる限り家では体を温め、コルセットのような物を巻きた。夜は一緒にお風呂にはいり、足のマッサージもした。
食事も自身でアトムの為に作成するようにした。

少しだけ、足が動作するようになったのは2週間が経過してからだった。尻尾もかすかに動作した。
しかし歩く事はまだ出きない。そこで私はネットであらゆるペットの椎間板ヘルニアにいい物を探し求めた。
わらにすがる思いだった。

本で、犬用のグルコサミンサプリメントを見つけ、だめもとでもいいと買い付けた。
飲ませる量をガッツリと聞き、毎日食事に混ぜてあたえた。

すると少しずつ、神経の麻痺がよくなり、1ヶ月で歩けるようになった。手術でもむずかしいと云われていた症状がよくなったのである。
あれから5年、老犬になってしまったけど、今もアトムは元気である。

ヘルニアに成る前、思い返すとアトムは階段をいやがる事が有った。
その時に気が付いてあげれば、痛い思いをさしないですんだとおもう。飼い主の責任だと自身を責めた。ヘルニアになりやすいペットは、高い段差の上り下りと、肥満には気を付けて欲しい。

ペットは痛くても談じる事が出きない。犬も痛い時は涙を流す。飼い主がペットを守ってあげなきゃいけないとつよく心におもった。

同じ悩みで苦しんでいる人もいるとおもう。私の体験談が皆さんの力になれればとおもう。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ