ペットの椎間板ヘルニアにかんして談じたいとおもう。

椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気で、ビーグル、シーズー、ダックス等の犬種に少なくないとされている。
この病気は背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が老化して固くなる病気である。
外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出したりする。

ペットが椎間板ヘルニアに成ると、歩行が難しくなる。背骨の上を走る神経細胞(脊髄)を圧迫して神経がマヒする。
前足や後ろ足がマヒし、歩くのをいやがる。神経マヒを早く発見して治療すれば治る事が少なくないのであるが、手遅れに成ると神経細胞が壊死してしまい、生涯歩けなくなる事も有る。

椎間板ヘルニアの治療方法は病状に拠ってちがいます
症状が軽いケースの場合は、内科的治療で副腎皮質ホルモン等の治療を実践する。重い症状のケースの場合は外科的手術に成る。
骨の一部を取り除く方法であるが、絶対に歩けるように成るとは云えない。

ペットの椎間板ヘルニア、リハビリ方法は、マッサージ(四肢や幹部を擦るようにマッサージする。この時痛がらないか確認して欲しい)屈伸運動→(足をゆっくり屈伸させ、神経がどこまでとおってるのか吟味してみて欲しい)タオル歩行→(タオルで支えて歩行訓練をする。無理はさせないで欲しい)温浴リハビリ→(飼い主がペットと一緒に温浴に浸かり、少しずつ足をシフトさせる)指圧→(幹部を刺激するレベルで、つよくプッシュしないで欲しい)肉球指圧→(足裏の肉球を優しく揉んであげる事で、症状がよくなる事も有る)

椎間板ヘルニアを注意したいペットの犬種は、アメリカンコッカースパニエル、ウェルシュ・コーギー、ミニュチュア・ダックスフンド、シーズー、ビーグル、ペキニーズ、フレンチブルドック等である。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ