ペットで猫を飼ってる人は、猫が頭をつよく振る行動をみているとおもう。
猫をペットに迎えようとしている人も、猫にはこのような症状がある事を気付いておいて欲しいとおもう。

猫が頭をつよくふる行動は、耳疥癬、耳のケガ、耳の中の異物、外耳炎、脳腫瘍、脳炎、前庭性失調症症候群、脳(東部)のケガ、栄養失調、中毒等が考慮される。ただの猫の行動じゃない事をおぼえておいて欲しい。


猫が頭をたびたび振っていたら、耳の中にダニや細菌が感染してたり、異物や昆虫が入ったりしている事も考慮される。
ケガをしているかも知れない。耳ダニが原因のケースの場合は頭を振る以外にかゆがるので気を付けて欲しい。


それ以外が便印であれば脳の病気かも知れない。もしくは前庭性失調症症候群になった可能性も考慮される。
前庭性失調症症候群とは耳の内部にある前庭と云う部分に異常がある病気である。
この部分は平衡器官や釣り合いをキープする器官に成る。
頭を振ったり、首の部分が傾いていたり、フラフラして同じ場所を回ったりする。

治療の方法としては耳ダニ感染の防止は、子猫の時に動物病院でよく検査してもらう事である。
感染していたら早目の治療が必要である家でペットとして飼ってるのであるから、飼い主がマットや毛布等を消毒して生活環境の改善してあげるように心掛けて欲しい。どのような症状であってもペットの異変に気がついたら、早目に獣ドクターさんの診察を受けて欲しい。

る必要が有る。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ