ペットと散歩をしていて、おかしな便の症状に気がついたら、注意してペットを観てあげて欲しい。
犬も猫も、便に拠っては病気のサインかも知れない。

犬の便の異常として考慮される事は、胃と腸の病気、下痢、肝臓の病気、すい臓病、感染症、ジステンパー腹部の腫瘍、内部寄生虫、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症、犬伝染性肝炎、中毒、過食、心理的ショック等である。

ペットも人間と同じように、下痢をする。人間も辛いようにペットも辛い事を把握できてあげよう。
病気だけでなく、犬(成犬)が牛乳を呑み込むと下痢をする事も有る。我々が飲んでいる牛乳を食事の時にあたえたりする事は敬遠して欲しい。成長した大人の犬は、乳糖成分を消化する酵素が不充分であるため、牛乳は下痢の原因に成る。

体内にたすうの寄生虫がいたり、すい臓病等にかかっていたりしても下痢の症状がでる。
心理的にショックも下痢の原因に成る。細菌やウィルスに感染していると下痢や発熱の症状が在り、体温が39.5℃前後より高いケースの場合は可能性が充分考慮される。

便は下水状のような便や、タール便に変化する為、飼い主はすぐに気が付くとおもう。

治療方法は、1日くらいの絶食か、消化のよい食物と下痢止めの薬を与え安静にする事で症状はよくなるだろう。
しかし症状がよくならずに下痢が何日もつづいたり、嘔吐をおこしたりしているケースの場合は、命の危険も考慮される為、早目に獣ドクターさんの治療が必要である

ペットも人間と同じように、さびしくなるとストレスという心理的負荷が溜まる。
ストレスという心理的負荷が原因で体調を壊してしまう事もある為、長期のお留守番等はできる限りさせないようにして欲しい。

猫が下痢や、便に異常があるケースの場合は、消化器の病気、伝染性腸炎、胃腸炎、内部寄生虫、しぶり腹、猫パルボウイルス感染症、食事性アレルギー、薬物中毒、薬物アレルギー、リンパ腫、ガン、胃がん、子ネコ衰退症候群、牛乳による下痢、トキソプラズマ症、感染症、脂肪肝、肝臓・すい臓の病気、腸内細菌の過剰な増殖、脂肪便、巨大結腸症等が考慮される。


猫も人間と同じように、下痢をする。
猫の下痢は消化器の問題で症状がでる。猫は急性より慢性の下痢がおきやすく、小腸に問題があると水っぽい便に成る。
この状態は栄養吸収しにくくなるので痩せてしまう。
大腸の下痢は粘液がでる。血液と混じる事もあり表情が苦しそうであれば大腸と考慮される。

他にも多種多様な症状がある為、ペットの便がおかしいと気がついたら早目に獣医さんに観てもらうようにして欲しい。

治療の方法としては、猫専用の下痢止めを飲ませるか、動物病院での治療が必要である。
ウィルス感染は、現状直接退治する治療法がなく、弱った体力や免疫力を高める方法に成る。
猫が病気に打ち勝つように、飼い主が手助けしてあげる事が肝心となる。動物病院には便のサンプルを持参すると診察が確実に成るだろう。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ