ペットの目ヤニや涙に気がついたら、そのまま放置せず早目に獣医さんと対話するようにして欲しい。

犬の目ヤニや涙の原因は結膜炎、乾性角結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、流涙症、チェリーアイ、逆まつげ、全身的疾患、感染症等が考慮される。

目やには、眼球の表面の角膜が傷ついたりして生じる。炎症やまぶたの内部の結膜に異常があるケースの場合が少なくないので自身たちで決断する事はしないで欲しい。

犬の種類も多種多様であるが、目ヤニや涙の病気にかかり易いペットの犬種は、プードルやコッカースパニエルにおおくみられる。
懸念のない症状は、目やにが黒っぽく、目のふちに付着しているレベルであれば大丈夫だろう。
しかしながら、黄色で粘液性の膿の様な目やには病気かも知れない。目が赤く充血しているケースの場合も早目に獣医さんに観てもらうようにして欲しい。ペットの涙が留まらない症状は、涙小管が詰まる病気と考慮される。涙やけしてしまう為、このケースの場合も早目に獣医さんと対話するようにして欲しい。ペットの健康は飼い主が管理しなければならない。軽く考えずに獣ドクターに診てもらって欲しい。

猫の涙や鼻水、くしゃみの症状は、ネコかぜ(ウィルス性呼吸器感染症)副鼻腔炎、鼻炎、流涙症、クリプトコッカス症、これ以外の感染症、鼻の中の異物、鼻の中のガン等が考慮される。

猫は同じ動物でも犬と症状がちがう。
同じペットだからと決断せず、様態がおかしいとおもったら獣医さんと対話しよう。

猫は風邪をひいたようなに涙目に成る。
鼻汁やくしゃみ、口の中のただれや痛みが有る。悪い状況に成ると、舌がただれたり、舌炎、口内炎の症状がでたりする。
これは猫カゼに成る。この病気には2種類在り、ネコヘルペスウィルスとネコカリシウィルスに分類される。
ウィルスに感染は、食欲がなくなり、脱水症状や、肺炎を起こす事に成る為、早急に獣医さんに観てもらって欲しい。

猫に鼻汁、粘液、うみ等がみられたら、重大な病気と決断して欲しい。

猫が発熱したケースの場合は、冷たく濡れている鼻が乾いてくるのだ。睡眠時や、目覚めた時も乾いているので注意してみてあげて欲しい。
猫の平熱は38.0℃前後であるため懸念な時は、温度を測ってみるべきだ。

ペットの予防方法(猫)
ウィルスを殺す薬はないのだが、抗生物質や抗炎症薬、ビタミンC等が有る。
この薬を朝晩与え、睡眠と食欲をとれば、2週間レベルで回復するだろう。

空気感染がつよく、抗体は6ヶ月しかつづかない。
流行時期には何回もかかる為、猫を外に出す時は注意して欲しい。外に出さない事が1番安全かも知れない。
猫の予防接種を受ける事も出きる。
口内炎が酷い(ひどい)ケースの場合は、注射が主で食されない症状であれば、流動食や点滴で栄養をとる事が有る。

ペットの目ヤニや、涙を簡単に捉えずに異変に気がついたら、早目に獣医さんに観てもらう事をお勧めする。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ