飼ってるペットの毛が抜けたりしていないだろうか?
ペットの脱毛は、ただ毛が抜けるだけでなく、病気のサインかも知れない。
どのような症状に為ってるのか、飼い主がガッツリと観察し異変に気がついたら速やかに獣医さんと対話するようにして欲しい。

犬の脱毛で考慮される原因は、クッシング症候群、脱毛症、ノミアレルギー、寄生虫による皮膚病、毛包虫症、ホルモン性皮膚炎、精巣の腫瘍、疥癬、白癬、換毛等である。

犬は外で飼っていても、室内で飼っていても、春から夏にかけて脱毛する。人間も衣替えをするように、犬も気温のアップにより体温のアレンジをする。冬毛が抜け落ちるための脱毛であるため懸念いらない。新しい毛がはえ、ただしい状態に成る。

しかしながら、春から夏以外の脱毛は、季節による脱毛じゃない為、何らかの原因が考慮される。
全身の毛や、一部の毛が異常に抜け落ちるようなら、ホルモン分泌異常、皮膚病、外部寄生虫等が考慮される。
早目に獣ドクターに診てもらうようにして欲しい。

猫の脱毛は犬とは少しちがってくるのだ。
飼ってるペットは肝心な家族の一員である。ただの脱毛と簡単に考えずに獣医さんと対話するようにして欲しい。

猫の脱毛は、ストレスという心理的負荷による脱毛症、心因性脱毛、対称性の脱毛症、アレルギー性皮膚炎、ノミによる皮膚炎、白癬、疥癬、肉芽腫、日光過敏症、ビタミンA欠乏症、ビタミンB欠乏症、クッシング症候群、ニキビ尾腺炎等が考慮される。

猫の毛が異常におおく抜け、脱毛する時は何らかの症状が現れているサインである。
生じさせる確立が高い皮膚病や、アレルギー性皮膚炎、ノミやダニが原因である。脱毛部分が赤い発疹になり、ガサガサしたりする。
猫はかゆいヶ所を引っかくので傷になり膿んでしまう事も有る。

食物が原因のケースの場合も有る。
食事に同じものばっかりをあたえると、栄養が偏ってビタミン不足なる。これが脱毛につながるケースも有る。
猫の体が左右対称に毛が抜けるケースの場合は、ホルモン系の異常が考慮される。
皮膚病のケースの場合は、慢性化しやすくくりかえし生じてしまう為、飼い主さんが猫の症状をガッツリ観察するようにして欲しい。

また、ストレスという心理的負荷のある猫は毛づくろいを過剰に実践する。気が付いた時には毛が薄く為ってる事がおおく、飼い主の前ではやらない事が少なくないので注意して観てあげるようにして欲しい。

脱毛を防ぐ予防方法は、猫にストレスという心理的負荷をあたえない事である。
猫はデリケートな性格で、飼い主に冷たくされるだけでも体調が変化する。
脱毛の原因が、内蔵疾患のケースの場合は動物病院で診察を受けて血液検査をする。ダニやノミが原因であれば患部を清潔にする事で改善される。多種多様な治療方法があるのでペットに異変を実感したら獣ドクターさんと対話するようにして欲しい。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ