飼ってる犬がしきるに体を痒がる行動は、以下の原因が考慮される。
肝臓の病気、腎臓の病気、寄生虫による皮膚病、膿皮症、過敏症、アレルギーによる皮膚病、シャンプーが合わない等。

ペットを室内で飼っていても、皮膚に寄生するダニやノミのような寄生虫が実在すると、体が痒くなる。
皮膚が弱い等の原因も考慮されるが、ペットの為にも室内を清潔にしてあげて欲しい。

悪化すると湿疹が出きたり、皮膚がただれたり脱毛したりする。かゆがって自身の爪で同じヶ所をかいてしまう為、痒がる症状があるケースの場合は、シャンプーしてあげたり、獣医さんから処方された薬で対処して欲しい。

また使用しているシャンプーが合わない事も考慮される。
ガッツリと洗い流していないケースの場合もかゆがる事が有る。何らかの病気に拠って皮膚が過敏に為ってる事もある為、ペットに異変を実感したら獣医さんに観てもらって欲しい。

皮膚が回復して、元の毛がキッチリと生えるまでは時間がかかる。飼い主さんがガッツリとペットの体調管理をしてあげて欲しい。

予防方法としては、梅雨時期の湿気に症状が生じやすくなる為、ペットを清潔にしてあげて欲しい。
また夏にかけても皮膚病にかかりやすくなる。ハウス等の湿気がこもると、カビや細菌等が繁殖しやすくなる為、まめに掃除や消毒をして、風通しがいい環境を作成して欲しい。

梅雨から夏にかけて、犬用のノミやダニの予防や駆除をするようにして欲しい。


ペットの猫が痒がる行動は、以下のような原因が考慮される。

寄生虫による皮膚病、食事性アレルギー、ノミによる皮膚病、皮膚の乾燥、疥癬、免疫系の異常、尾腺炎、肉芽腫等。
猫も人間と同じように、かゆいヶ所をひっかくるのだ。皮膚に傷ついて出血する事がある為、早目に対処して欲しい。

治療方法としては、ペットの猫にノミ取り首輪を着けてあげる等が有る。
飲み薬や滴下式スポットタイプの薬、ノミ取りシャンプー等が市販されている。また獣ドクターさんの治療を受ければ数週間で回復する。

猫の食事性アレルギーは、ペットの適切な食物を選択して欲しい。食事性アレルギーに効果があると云われているのは、食物繊維・必須脂肪酸等である。ペットは動物であるが家族の一員である。ちょっとだけの変化がみられた時は、すぐに獣医さんに観てもらう事をお勧めする。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ