飼ってるペット(犬)が突如吐いたりしたケースの場合は、ただの食あたりだけではなく、他にも多種多様な原因が考慮される。

ペットの犬が吐いたケースの場合、原因として考慮される事は、フィラリア症、感染症、内部寄生虫、尿毒症、消化器の病気、急性腎不全、事故による頭部強打、腹部の腫瘍、悪性リンパ腫、腎炎、子宮蓄膿症、糖尿病性ケトアシドーシス、異物を呑みこむ、中毒等が考慮される。

犬は生理現象として、体をただしくキープするため散歩の途中等で道わきの草を口にしたりする。
其の後に吐き出す。これは病気ではなくただしい行為であるため懸念はないのだ。であるが理由もないのに嘔吐をくりかえし、ペットがぐったりしているケースの場合は、病気や中毒のサインと考慮される為、獣医さんに観てもらうようにして欲しい。

殊更に気を付けてみて欲しい点は、一日に何回も吐いたり、激しく吐く、苦しそうに吐く等は正常じゃないのだ
吐いた物の中に、血等が混じってないかも観るようにして欲しい。

猫がはいたりする原因は犬とは少しちがう。

食べすぎ、毛球症、小異物を呑みこむ、動物を羽毛や毛ごと口にした、内部寄生虫、これ以外ウイルス感染症、感染症腸炎、尿毒症、リンパ腫、消化器の病気、中毒、巨大食道症、胃腸炎、肝臓・すい臓の病気、腸閉塞、糖尿病、甲状腺機能亢進症等が考慮される。

猫は安全な室内でペットとして飼っていても、体を舐めて毛づくろいをする為、胃の中に出きた毛玉を吐き出す事が有る。
食べ過ぎのケースの場合も吐いたりするだろう。室内であれば小動物を口にする事はないのだが、ネズミや小鳥等を口にして、羽ごと口にした時は、食道に入った物をそのまま吐く事も有る。

猫も草を口にして、胃の中を清潔にする事も在り、この点は犬と同じくただしい生理現象である。
しかし食物に関心を示めさない、食欲がない等は、猫の体に異常が生じていると考慮される。

飼ってる猫のよだれが少なくない等の症状は、胃や腸が炎症をおこしているケースも考慮される。
下痢は、食中毒の可能性も有る。猫の鳴き声が苦しそうなうめき声であれば、つよい痛みを実感しているサインである。
子猫は体内に寄生虫がいると嘔吐したりする為、懸念な時は獣医さんに観てもらうようにして欲しい。

いずれにしても、ペットが吐く行動は人間と同じく、体の異変を表する。
ペットは談じる事が出きない為、少しの変化も飼い主がガッツリと観てあげて体調管理をして欲しいとおもう。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ