各家庭で多種多様なペットを飼われているとおもうが、ペットが何時もとちがって元気がない時がないだろうか?
犬も猫も、体が飼い主に信号を送ってるのである。元気がない時は早目に獣医さんに観てもらうようにして欲しい。

★飼ってるペット(犬)の元気がない時

★考慮される原因
打撲等のケガ、先天性の心臓の病気、ストレスという心理的負荷等心理的に落ち込む、肝臓の病気、ガン、内分泌の病気、慢性腎不全、内部寄生虫、食物による中毒

★みられる症状
単に元気がないだけでなく、何か普段とはちがった異変があるかとおもう。
食欲がなかったり、熱が出たり、鼻水がでている事はないだろうか?
何時もより、よだれがでる、下痢や体が震えている等の症状はないだろうか?
また体に一部をしきりとなめる行動や、歩行がおかしい、息遣いが荒い等の症状から、元気がない原因を推測する事が出来くるのだ。

犬だけでなく動物の元気がない時は、あらゆる病気やケガ等に対するサインである。ハッキリとした原因が分かる事ができない時は獣ドクターに観てもらって欲しい。

★飼ってるペット(猫)の元気がない時

★考慮される原因
心理的ストレスという心理的負荷、打撲、骨折、内臓疾患、アレルギー、尿路結石、胆管肝炎症候群、肝臓の病気、フィラリア症、感染症、糖尿病等が考慮される。

★症状と原因
普段元気なネコが病気になったりすると、行動だけでなく、顔の表情までが変わってくるのだ。
ネコの名前もしくは名称をよんでも見向きもせず、食事の時間等にも興味を示さなくなり、物陰でじっとしていたりする為、猫の様子をよく観察してみて欲しい。

猫はメンタル的に落ち込んだりする動物である。ネコ同士のケンカで負けてしまったり、新しい動物を飼う様になって自身に目を向けられなくなった時、元気がなくなったりする。環境が変わっても同じである。
呼吸の鼓動が普段より速く、猫の耳の先端まで熱いケースの場合は、熱があるかも知れない。

また急に元気がなくなった等は、心や体に異常がおきている事が考えられ、食事や水を呑み込む行動もしない時は、生命に関わる。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ