猫をペットとしてむかえる前の心の準備と、猫の性質を簡単に談じたいとおもう。

猫は長生きする猫で約20年以上生きると云われている。
20年の間、我々には多種多様な出来事が生じる。自身たちの都合で飼えなくなったと云う事がないように、最後まで責任をもってペットを可愛がってあげて欲しい。

猫の性質は、元々単独で生活する生き物であるため、あるレベルしつける事は出きたとしても、犬のようなしつけはむずかしいと云われている。
犬は多種多様な事をおぼえるのに、猫はおぼえない云う認識が有るが、猫の知識が低いわけでもなく、学習能力がないわけでもないのだ。犬と猫のちがいは性質がちがっていて、犬はリーダーを決定させて、群れを作成して行動する動物であるが、猫は単独で生活している為、自身で決断する習性をもってる。猫にはしつけが出きない訳ではなく、猫のしつけ方法がキッチリとあるのである。

猫は自身の云った事を実行してくれる動物じゃない事をキッチリと把握してから猫をむかえて欲しい。
猫は我々が考慮している以上に、順応性に優れた動物である。猫は気ままにみえるが、犬と同じように、途方もなく甘えん坊である。性格にもよるが、何時も人のそばにいたり、一緒に就寝する猫もいる。

猫をペットとしてむかえるきっかけは、多種多様だとおもう。
捨てられた猫を拾ったり、産まれた子猫をもらったり、ペット店から買い付けて猫を飼いはじめる。

どのような猫でも、ワクチン接種と去勢もしくは避妊手術はして欲しい。
そして猫は室内飼育をして欲しい。閉じ込めておくのはかわいそうであるが、出掛ける事でケンカや伝染病の感染、交通事故や中毒、今では虐待等も注意しなければならない。命を危険にさらす事も考えなければならない為、飼い主になった以上はペットを守ってあげて欲しい。

拾ってきた猫のケースの場合は、動物病院に連れていこう。
獣ドクターにみてもらい、病気に感染していないかどうか検査して欲しい。どの猫でもペットとして一緒に生活する前に、1度検査を受けに動物病院に連れていって欲しい。

猫に限らず、ペットとして動物をむかえる前は、多種多様な準備が必要である事を失念しないで欲しい。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ