省エネ住宅では窓やドア等の開口部は省エネ性に於いて弱点に成る部分だと云われている。

それは隙間が出きやすく、熱伝導がよい部分だからである。


玄関や勝手口等のドアは、開閉回数がおおく、住宅の中でも外気が入りやすい部分である。

今までよく使用されていたアルミ製のドアは、接近すると冷気を実感したり、表面に結露がみられる事がよく有った。


そこで同じアルミ製のドアでも内部に断熱材を入れたり、ガラス部分に高断熱ガラスを採用した断熱タイプのドアが開発された。

熱の出入りを最小限に制御するため省エネ効果も高まり、玄関や勝手口付近の寒さを防ぐ事が出きる。


またドアのゴムは毎日の開閉に拠って擦れたり、長期間の使用に拠って硬くなったり、ヒビが入る事が有る。

ドアを閉めていても隙間風が入る時には、ゴムの取り替えや取り付け部分の微アレンジを実践する事も必要である。


室内のドアもおなじ様に、断熱、気密性が省エネ効果に大幅に影響する。


一般的な住宅では、冷暖房をしている部屋としていない部屋との温度差が激しく、体に負担がかかってしまう。


断熱、気密性が高い省エネ住宅は、1,2台のエアコンで住宅全体を冷暖房する事が出きると云われる。

部屋の温度差も少なくなり体に負担の多くはない住宅だと云える。


日本のドアや窓は昔から「引き戸」が主流だった。

「引き戸」はおおくの面積が開けられ風通しがよい反面、気密性に於いては劣ると云われている。

しかし近年では気密性の高い「引き戸」も開発されており、省エネ住宅ではおおく取り入れられている。


これからは省エネ住宅のドアも選定の幅が拡大していくものとおもわれる。



カテゴリ
タグ