七五三は神社に行って参拝したり、祈祷を受けたりして発達を喜び、そして今後の発達を願を掛ける行事であるが、近頃は神社以外でもお寺や教会で七五三のお祝いをするところが有る。

カトリック教会では、その国の文化を肝心にする方針が在り、その為、日本のカトリック教会では、日本の文化を肝心にすると同時に、寺社に足を運ばない信者の為、七五三をお祝いする教会があるのである。
七五三祝福式とも呼称されており、洗礼を受けていない人でも参加出きる教会も有る。
ミサが行われ、子供達はメダイ(メダル)を掛けてもらい千歳飴を戴いて七五三の祝福を受ける。
七夕や盆踊りを実践する教会も有る。
教会での七五三の様子や申し込みは、各教会のホームページで気付く事が出きる。

お寺でも七五三が実行されている。
東京都台東区の浅草寺(せんそうじ)の本堂で七五三加持会(かじえ)を行ってる。
港区の増上寺でも七五三法要を受け付けており、冥加料は1万円である。
冥加(みょうが)とは神仏の加護・恩恵の事である。
千葉県成田市の成田山新勝寺でも、子供達が健やかに発達するよう、特別の加持(かじ)を受ける七五三祝祷(しゅくとう)が大本堂で実行される。
加持とは、仏のご加護の事である。
長野県の善光寺も七五三参りの子供達でにぎわいる。
善光寺本堂では七五三健全育成祈願法要が実行される。
祈願料は子供1人につき3,000円である。

こういった具合に七五三のお祝いは神社だけには限らず、日本各地で実行されているのである。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ